シャンプー

【ドライヤーの冷風温風使い方】髪の乾かし方でキューティクルを守れる!イラストで簡単に説明

【ドライヤーの使い方】髪の乾かし方次第でキューティクルを守れる?イラストで簡単に説明

髪の毛のコンディションによってその日1日の気分が変わってくることはありませんか?

CMのようなツヤツヤした髪だったら!きっと毎日ご機嫌でしょう。でも、残念ながら、わたしの髪の毛は健康的とはほど遠い。

でも「仕方ない」とあきらめなくてはいけないのでしょうか??

ドライヤーの乾かし方で美髪になれる方法

調べてみると、あきらめる必要はありませんでした!

ドライヤーの使い方や髪の毛の乾かし方を少し変えるだけで、なんとツヤが戻ってきたのです。

大切なのはたった2つ!

  1. 髪の毛の仕組みを知ること
  2. そして、乾かし方を変えること

この2つのおかげで元気な髪の毛に戻りつつあります。

ぜひ、髪の毛の痛みで悲しくなっているあなたにシェアしたいと思います。

とはいえ、「めんどくさいし時間もない」という方には、オーダーメイドのシャンプーを使っていっきに髪の毛を美髪にすることをおすすめします。

わたしがお気に入りで使っているメデュラです。

\今なら初回28%オフ!キャンペーン中/メデュラのシャンプー詳細をみる

髪の毛の構造ってどうなってるの?髪の毛の仕組みとは?

まずは髪の毛の構造をしることが大切です。

「構造」なんて聞くと、もう無理!と思いがち。

でも、わかりやすくイラストにしたので大丈夫ですよ。

髪の毛の構造は3層構造

髪の毛の中の構造は3つにわかれています。外側から、以下の3つで作られます。

  • キューティクル
  • コルテックス
  • メデュラ

キューティクルはシャンプーの宣伝などでよく聞く言葉ですね!

一方で、コルテックスとメデュラは初めて聞いた言葉でした。

これらの役目を表にまとめてみましょう。

キューティクル
  • 髪の毛の表面をおおって、内部を守っているがんばりやさん
  • びっしりとしたうろこ状で6~10層かさなっている
  • おもにタンパク質でできていて、硬いけれど摩擦や熱に弱いという弱点あり
コルテックス
  • 髪の毛の85%以上をしめている繊維状のたんぱく質
  • メラニン色素がふくまれていて髪の色や性質が決まる
  • タンパク質や水分を多く含む重要な部分
メデュラ
  • 髪の毛の中心にある細胞
  • 髪によって(軟毛や赤ちゃんの髪の毛)は、メデュラがないこともある
  • 役割についてはまだはっきり分かっていない謎の存在

髪の毛の一番外側を守っているキューティクルが壊れたり、はがれてしまうことで、内側のタンパク質や水分が流れ出て空洞化

これが髪の毛のぱさつき、うねり、切れ毛など傷みの原因となります。

外側の守りが崩されてしまえば、中から栄養が逃げ出していくのは想像しやすいですね。

キューティクルは水分をふくむとひらく

キューティクルの大部分はケラチンというタンパク質でできています。

このケラチンは水に濡れると切れやすく、乾燥するとつながるという性質があります。

この性質によってキューティクルは以下のようにうごきます。

キューティクルのうごき
  • 水にぬれるとひらく
    髪の中のタンパク質や水分が逃げだす
  • 乾燥するととじる
    髪の中のタンパク質や水分をたもつ

そのため、ぬれた髪の毛のままだと、キューティクルがひらいていて髪の毛の中の栄養や水分がにげだします

さらに、ぬれたままごしごしシャンプーをしたり、タオルで乾かしたりして摩擦をあたえるとキューティクルははがれてしまうのです。

キューティクルの主成分タンパク質は熱でかたまる

キューティクルをつくっているタンパク質は「熱変性(タンパク変性)」という特徴をもっています。

これは、熱を与えすぎると固まるというもの。

水分をふくんでひらいたキューティクルが熱変性すると、元に戻れなくなり次のことがおこります。

キューティクルが立ち上がったまま

  • 髪の毛の中の水分が流れ出し乾燥しやすくなる
  • トリートメントなどがはき出される
  • ひっかかりやすくなり、はがれやすくなる

タンパク質が熱変性する温度は髪の毛の状態で異なります。

しかし、一般的にはこのような温度がいわれています。

タンパク質の熱変性が始まる温度
  • 乾いた髪の毛:100度〜前後
  • ぬれている髪の毛:60度〜前後

髪を乾かすためにドライヤーを使用するときは、60度で熱変性が起きる可能性があるので、要注意ですね!

壊れたキューティクルはもどらない

髪の毛は死んだ細胞です。

そのために、一度壊れてしまったキューティクルはもとには戻りません

つまり、髪の毛の外側を守ってくれているキューティクルを壊さないようにすることが、髪の毛の傷みをへらす大切なポインということがわかります!

ここで、髪の毛が傷まないように乾かすためにはどのようにしたらよいのか確認してみましょう。

髪の毛の乾かし方はどれがベスト?

髪の毛の周りを守っているキューティクルは水分をふくむとひらいてはがれやすくなることがわかりました。

この性質をもとに考えてみるとベストの乾かし方が見つかります。

髪の毛の乾かし方にはおおまかに2つ。

  1. 自然乾燥
  2. ドライヤーを使う

自然乾燥による髪へのダメージ

自然に乾燥するまで髪の毛をそのままの状態にするということは、キューティクルが開いたまま!!

これでは、

  • キューティクルが開いているため、内側のタンパク質や水分がどんどん逃げる
  • ぬれたまま寝てこすれたりすると、摩擦に弱いキューティクルがはがれる

ということが引き起こされて、とても危険ですね!

そのために、自然乾燥はおすすめできません

ドライヤーによるダメージ

濡れた髪の毛は60度前後でタンパク質の熱変性がおこると言われています。

そのため、60度以上の高熱で長時間乾かすのはとても危険!

高温の熱によるダメージを避けるため、髪とドライヤーの間隔を離すとよいでしょう。20cm程度をおすすめします。

ドライヤーを使って乾かすのがベスト

自然乾燥よりはドライヤーを使って乾かすのがベストであることがわかります。

そして、ドライヤーを20cm以上離してなるべく60度以上の高熱にしないようにして髪を乾かすことをおすすめします。

ドライヤーを使ったおすすめの髪の毛の乾かし方

ドライヤーの乾かし方|冷風温風交互に使う方法髪がぬれているときは、キューティクルが開いていてダメージを受けやすい状態です。

ダメージを軽くするために、ドライヤーを使って手早く乾かすことが必要!

そこでおすすめな乾かし方は、

ドライヤーの温風と冷風を交互に繰り返して髪の毛を乾かす

では、このドライヤーの温風と冷風を交互に繰り返して髪の毛を乾かす理由をみていきましょう。

ドライヤーの温風と冷風を交互に繰り返す理由

髪の毛のタンパク質の性質をうまく利用して、効果的にツヤのある髪にすることができます。

温風と冷風を交互にする理由
  1. 温風と冷風を交互に繰り返すことで、髪の表面が熱くなり過ぎない
  2. 髪を温めると柔らかくなりクセがのび、冷風で冷やされ硬くなりうねりを抑えたまっすぐの髪になる
  3. 冷風をあてることで、キューティクルが引きしまり髪にツヤがでる
  4. まっすぐになった髪の表面が整い、光が反射してツヤツヤした髪になる

温風で乾かして、最後に冷風で冷やすことでも髪の毛を引きしめることはできます。

しかし、髪の毛が高温に なりタンパク質の熱変性がおこため髪の毛が傷むので、温風と冷風を交互に繰り返す方法の方がおすすめできます。

スイッチ一つで変換できるので、ここはがんばってスイッチを押しましょう!

ドライヤーによるダメージを受けないために必要なこと

髪の毛の傷みはキューティクルが開いたままだったり、剥がれ落ちたりすることで中のタンパク質や水分が流れ出ることでおこります。

そして、それが髪のパサつき、枝毛、キレ毛の原因に。

これらを防ぐために大切なポイントは、

髪の表面の温度を上げ過ぎないこと

ドライヤーによるダメージを受けないために注意すべき点をいくつかあげますね。

ドライヤーで乾かすときの注意点
  • ドライヤーの時間を短縮するためにタオルドライする
  • 髪の毛が熱くなり過ぎていないことを確認しながらドライヤーをあてる
  • 同じ場所だけに風を当てず、つねにドライヤーを動かし続ける
  • ドライヤーは髪の毛から20~30センチはなす
  • 乾きにくい順に、根元、襟足、耳の後ろから乾かしはじめる

これらの点に注意しながら、ぜひトライしてみてください。

ドライヤーの使い方ひとつでツヤが前よりもでたことに、正直に驚きました!

手軽でとても簡単な方法なので、うれしいです!

オーダーメイドのシャンプーメデュラにも載っていた乾かし方

メデュラシャンプー購入品このドライヤーの温風と冷風を交互に繰り返す方法は、シャンプーをオーダーメイドでつくるメデュラシャンプーの使い方冊子に書いてあったので知りました。

こだわり製法のシャンプー会社がおすすめしている乾かし方なので、信用ができますね!

メデュラのシャンプーをオーダーした話では、洗い方のコツなどものせています。

メデュラMEDULLAシャンプーオーダーから解約までの口コミ
【メデュラシャンプー口コミ】購入済!効果を本音でレビュー!オーダーメイドシャンプーの口コミ、成分は?購入〜解約まで理想の髪の毛には遠い。髪の毛の悩みは尽きませんよね。そんなわたしが探し当てたのはメデュラ(MEDULLA)のオーダーメイドシャンプー。「自分専用のシャンプーだったら、長年の悩みが解決するかも?」という期待がわいてきて、ポチっとしちゃいました!美髪へのコツや使用感の口コミを詳細にまとめました。...

最近では、あなたの髪質に合わせられるシャンプーもいろいろと出てきました。

そのうちの一つ、自分専用のオーダーメイドシャンプーメデュラは自分の髪のコンディションや、目指す髪質、香りなどを選択していくことで、自分だけのシャンプーを作ってくれるものです。

気になる方はメデュラシャンプーをチェックいてみてくださいね!